消費者金融-総量規制について理解しよう

知っておきたい総量規制について

消費者金融-総量規制について理解しよう



テレビなどでも大々的に報道されたのでご存知の方も多いかと思いますが、キャッシングを利用する際には、総量規制というものについて理解しておかなければなりません。これは2010年の6月に施行されたもので、個人の借り入れ総額を原則として年収などの3分の1までに制限するというものです。

個人に対して適応されるものではありますが、事業用資金として借り入れる場合は対象になりません。簡単に説明をすると、年収の3分の1を超える借り入れができなくなったということですね。

ただ、対象になるのは比較検討した消費者金融からの借り入れや、クレジットカードを利用したキャッシングのみです。 クレジットカードにはショッピングサービスがついているものもありますが、ショッピングで購入した分の借り入れは対象になりません。また、銀行系の借り入れなども含まれません。

このことから、仮に消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠で年収の3分の1に達していたとしても、銀行系の借り入れならば新たに組むことができるということになります。総量規制が施行された時点で年収の3分の1を超える借り入れがあった人は、新たな借り入れができない状況となりました。

これにより大きな影響を受けたのが、本人に収入がない専業主婦です。以前は配偶者に収入があれば各貸金業者の判断により貸付が可能となっていましたが、現在は制限されています。

ただ、中には配偶者貸付というサービスを行っているところもあるので、こういったサービスが利用できないか確認しておきましょう。

例えば、妻の収入が0だったとしても、夫が年収300万円であれば、妻は夫の年収の3分の1にあたる100万円まで借りることができるというものです。ただし、夫が既に50万円借りていた場合、妻の借りることができる金額は残りの50万円ということになります。

注意しなければならないこととして、配偶者貸付を利用する場合は配偶者の同意が必要なので、配偶者に無断で契約をすることはできません。
盛岡信用金庫|地域の皆様から、愛され、信頼される「もりしん」へ

誰にもバレずに利用する事も可能

消費者金融を利用する人の中には、そういった事実を身内や会社に隠しておきたいと考える人もいるでしょう。

しかし、消費者金融からキャッシングを行っている事は、基本的に本人以外にバレる事は無いのですが、幾つかの点には注意しておく事が必要になります。

まず注意しておきたいのは、消費者金融から送付される郵便物による発覚です。近頃の消費者金融においては、申し込み時に連絡先として携帯電話の番号を記入する事で対応してくれるので、電話による発覚はあまり起こりません。

もし、自宅に連絡を行うとしても、消費者金融の会社名を名乗る事はありませんし、場合によっては保険会社を装ったりしてくれるので、電話による発覚はまず起こらないものだといってもいいでしょう。

しかし、消費者金融の利用明細は月々送付されるので、郵便物による発覚は起こりえることです。ただし、月々の利用明細の管理はネット上でも行えるので、申し込み時に確認しておく事をお勧めします。

そうする事によって、利用明細書は送付されなくなるので、身内にバレる事を防ぐ事ができます。

また、利用する消費者金融によっては契約書を書面するところがありますが、そういった場合でも消費者金融の会社名以外での送付で対応してくれるところが多いので、心配する必要はありません。

ただし、返済に延滞が起こってしまったり、利用者本人と連絡が取れなくなってしまった場合には、返済の催促を書面にして郵送する事があります。

ですから、こういった状態にならない為にも、消費者金融の利用は無理の無いプランで利用する事を念頭に入れておくことが重要です。次に注意しておきたいのは、キャッシング申し込み時の在籍確認への配慮です。

消費者金融利用時に在籍確認を勤め先に行う事は、現在必須の項目になっています。しかし、在籍確認の電話の場合も前述のように保険会社などを装ったりしてくれるので、勤め先にバレることはありません。

ただし、こういった事は申し込み時に消費者金融側に伝えておくと、さらにスムーズな対応が行えるようになるので、利用者側での配慮は忘れずに行っておく事が重要です。

いずれにせよ、申し込み段階で利用の事実を隠す事は十分に可能なので、そういった心配は不要だといえます。

キャッシングとカードローンの違いと種類についての説明

手持ちのお金が不足している、急遽物入りになったなんて時に役に立つのがキャッシングやカードローンです。どちらも同じようなモノと認識している人もいるかもしれませんが、明確な違いがあります。両者共にお金の用途に制限がないという事は同じですが、異なる点も多いので説明していきます。

まずキャッシングというのは50万円が上限の小口融資がメインとなっていて、1万円単位でお金を借りることが出来ます。そして返済に関してはお金を借りた翌月に一括で返すのが原則と言えます。

カードローンの場合は、利用限度額範囲内なら何度でも繰り返しお金を借りることが可能となります。そして返済に関しては分割払い、リボルビング払いが一般的です。勿論利息のことなどを考えると一括で返済することが1番いいのですが、カードローンの場合はキャッシングよりも借りる金額が大きい分長期的に返済していくといったケースが多いと言えます。

金利に関していうのなら、借りた額や金融会社によって異なるので一概には言えませんが、傾向としてキャッシングの方がカードローンの金利よりも高めに設定されています。

その訳はキャッシングは基本としてすぐに借りたい場合、小額を借りる事を前提としていて、カードローンはローンと付いていることからも分かるように低金利で借りたい場合、まとまったお金が必要な場合に利用するモノだからです。ただ最近はキャッシングでも一括ではなく、リボ払いや分割払いが出来る金融業者も増えてきていて両者の垣根はなくなりつつあると言えます。

また一口にカードローンといっても銀行系、流通系、消費者金融名といった種類が存在します。それぞれにメリットとデメリットが存在し、出来るだけ低い金利で借りたい場合は銀行系のカードローンを選ぶことをオススメしますし、出来るだけ早く借りたい場合は即日融資を行っている消費者金融を選ぶといいでしょう。流通系に関してはよく利用するお店のモノを利用すれば様々な特典や独自のポイントが付くといった利点があります。

↑ PAGE TOP