看護師の仕事、正社員とパートはどう違う?

看護師の仕事は、正社員としてではなく、アルバイトやパートでの需要もあります。 これには、看護師不足の問題も大きく関係しているでしょう。

正社員として長時間働くのは難しいという方の中にも、パートで短い時間ならば働けるという方がいますよね。 そういった方を獲得するために積極的にパート採用しているところもあるのです。

では、正社員とパートの違いはどのようなところにあるのでしょうか。

特に大きい違いともいえるのが、正社員の方が高待遇が用意されているということです。 例えば、正社員であれば健康保険や厚生年金に加入できるものの、パートだと難しくなってしまいます。

また、正社員が月給制であるのに対し、パートは時給制です。 パートだと有給や賞与、退職金が用意されていない職場の方が多いでしょう。

ただ、これは看護師という職業に限った話ではありませんよね。 どの職業でも同じことがいえるため、看護師だからこそがデメリットというのはそれほどありません。

パートとして働く魅力は、正社員に比べると勤務日に融通が利きやすいということです。 職場によっては正社員の急な休みが発生してしまった際に突然呼ばれたり、いいように使われてしまうこともあるようですが、働きやすい職場も多いので、パートでの勤務も検討してみると良いでしょう。

ブランクの長い方でも働きやすい職場探しの方法については転職支援サイトを使うと便利です。 転職支援サイトには様々な求人情報が集まっているため、ブランクのある方でも問題なく採用してもらえる病院などが見つかるでしょう。

病院の中には、正社員に比べて人件費のかからないパートの方を積極的に採用しているところもあります。 そういった職場であればパートへの支援や待遇も良いものが用意されている可能性が高いので、働きやすいですね。

出産や結婚がきっかけで職場を離れたという方の中には、ブランクが厳しくてなかなか正社員として復帰することを検討できないという方もいるようです。 その場合もパートやアルバイトという形で働くことから検討してみてはどうでしょうか。

パートで仕事の勘を取り戻すことができれば、正社員としても復帰しやすくなりますよね。 また、お互いが希望すればパートから正社員になる道が用意されている職場もあるので、正社員という働き方を検討しているという方もそのような求人情報探してみてください。

ページの先頭へ