看護師の転職理由とは

看護師は転職率が高い仕事としても知られています。 どの病院でも看護師不足の問題に悩まされているため、できるだけ長く働いて欲しいと思っていることでしょう。 それなのに転職率が高いというのは問題ですよね。

では、どのようなことに不満を感じて転職しているのでしょうか。

まず、待遇に不満があって職場を離れた方も多いようです。 例えば、自分の実力や努力を正当に評価されないといったことは大きな不安や不満につながります。

他の看護師に比べてたくさん努力をして一生懸命働いているのに、それが報われず、給料などに反映されないということになれば転職を検討してしまうのも無理もありません。

それから、自分が希望しているのとは全く違う部署に配属されてしまったことから退職したという方もいるようです。 看護師という仕事は精神的な負担も大きい職業だといえるでしょう。 例えば、高圧的な医師からストレスを受けたり、特殊な患者さんの対応に悩まされてしまうこともあります。

特に役職を担当することになった場合は、なにかトラブルが起きた際に自分1人で責任を負わなければならないケースもあり、大きなストレスに繋がってしまうことも考えられるのです。

患者さんの中にはかなり癖の強い方もいますよね。 そういった方の担当になってしまうと日々の業務だけでなく、金さんから受けるストレスも大きなものになり、それが原因で看護師の仕事に疲れ果ててしまう方もいるようです。

他には、同僚との人間関係がうまくいかず、仕事が憂うつになってしまったために転職を決意したという方も珍しくありません。 ただ、人間関係の問題はどの職種・職場でもありえることなので、ほんの少し合わない人がいたからといってすぐに転職をするのではなく、状態を改善したり、その人と上手くやっていくことについてもよく考えてみると良いでしょう。

このように様々な理由がありますが、精神的なストレスを受けている場合などは、無理にその職場で働き続けてしまうとうつ病などにつながってしまうことも考えられるので、本当に無理だと思う前に転職を検討するというのも一つの方法です。

ページの先頭へ